ピルを使ったことがありますか?ピルは避妊効果だけではなく、旅行などをされる前に服用することで生理日をずらすことも可能なお薬となっています。こちらではピルの秘密や使い方などをご紹介していきます。

アフターモーニングピルにジェネリックはある?

避妊薬には2つの種類がある事を、ご存じでしょうか?
まず1つ目は毎日定期的に服用し、避妊の効果を得るタイプです。
このタイプは排卵を抑制したり、子宮内膜の増殖を抑えるなどして妊娠リスクを下げる効果が特徴となっています。
多くの方が避妊薬といえば、このタイプをイメージすると思います。

もう1つは性交渉の後、72時間に服用する事で妊娠を避けるタイプです。
このタイプは「アフターモーニングピル」とも言われており、避妊をせずに性交渉をしてしまった場合や、性的な犯罪に巻き込まれてしまった場合などに用いられます。

アフターモーニングピルは、服用する事で卵子と精子が出会うタイミングをずらしたり、子宮内膜を人工的に剥がす事で受精卵の着床を防ぐ効果があります。

通常の避妊薬は毎日飲み続けなければ、避妊の効果を発揮しません。
アフターモーニングピルの場合は、性交渉後であっても服用する事で、妊娠のリスクを下げる事が可能です。
正しく服用すれば、約70%から80%の確率で避妊の効果が得られると言われています。
性交渉後、服用が早ければ早い程、避妊の効果は高まるのが特徴です。

このタイプの避妊薬は、まだまだ日本での認知度が低く、女性でも知らない方が多いようです。
望まない妊娠を避ける為、アフターモーニングピルの存在を、知っていて損は無いでしょう。

アフターモーニングピルには、ジェネリック薬品もあるので、よりお得に購入したいう方はジェネリック薬品を購入してみてはいかがでしょう。
ジェネリック薬品だからといって、避妊の効果が落ちてしまうという事はありません。
先発薬品と同じ成分、作用があるのでジェネリック薬品でも正しく服用すれば、十分に避妊の効果を得られます。