ピルを使ったことがありますか?ピルは避妊効果だけではなく、旅行などをされる前に服用することで生理日をずらすことも可能なお薬となっています。こちらではピルの秘密や使い方などをご紹介していきます。

生理周期を整えるピルは品川区レディースクリニック

ピルは、避妊薬として1960年にアメリカで発売されました。
自分自身で妊娠をコントロールすることが出来るため、予定外の妊娠により自分の体を傷つけることなく、パートナーとの毎日を楽しむことが出来る、確実な避妊薬として使用されています。
アメリカやヨーロッパなどでは、避妊目的でピルを服用する女性が多いものですが、日本では、避妊目的よりも、生理周期を整えたり、月経痛を緩和したり、ニキビの改善を目的として服用する女性ほとんどです。
ピルは、二種類のホルモン成分が含有されていて、それらのホルモンにより排卵が抑えられるので、体は妊娠しているような状態になります。
また、通常よりも子宮内膜が薄くなり、月経量も少なくなったり、経口粘液の性質が変わるため、より、妊娠しにくくなります。
時には、吐き気や頭痛・食欲増進など、つわりに似た症状が出ることもありますが、通常は3日程で治まります。
薬は、28日周期で服用します。
そのため、それまで生理周期がバラバラで不順だった人でも、ぴったり28日周期になるので、旅行や外出の予定が立てやすくなります。
ただし、飲み忘れてしまうと、避妊効果が薄くなったり、生理周期がずれてしまうこともあるので、注意が必要です。
ピルは、婦人科などで医師の診察を受け、処方箋に基づき、薬局で処方されます。
東京都品川区でも、ピルを処方してくれる婦人科は多数あります。
品川駅周辺にあり、とても交通の便が良いクリニックや、女性医師が在勤しているクリニックも、品川区にはあります。
ピルを服用中は、定期的な血液検査と婦人科検査の受診が大切です。
そのため、自宅や職場に近く、通院しやすい場所にあるクリニック選びが大切です。